文字サイズ

執念Vの阿部一二三「マジか」場内アナウンスでの「アベウタ」間違いに会場爆笑

 「柔道・グランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会」(21日、ドイツ)

 東京五輪代表選考会の一つとして行われ、男子66キロ級で逆転での五輪切符を狙う17、18年世界王者の阿部一二三(22)=日体大=が優勝し、ライバルの19年世界王者・丸山城志郎(26)=ミキハウス=との代表争いは、最終選考会の全日本選抜体重別選手権(4月、福岡)までもつれ込むことが濃厚となった。女子52キロ級は妹の阿部詩(19)=日体大=が制覇。きょうだいでの東京五輪出場に一歩前進した。

 阿部一が五輪代表争いに生き残りを懸ける大一番を制した直後、まさかのオチが待っていた。優勝者をたたえる場内アナウンスが英語で流れたものの、読み上げられた名前は「アベウタ」-。きょうだいでの名前間違いに、会場はどっと笑いに包まれた。

 予想外のハプニングに、阿部一自身も「マジか」と苦笑い。一度は「ヒフミ」と言い直されたものの、直後に再び「アベウタ」と言い間違えられてしまい、「1回なら分かるけど、2回間違えられたので(笑)。なんでそんな間違えてるんやろって」と、緊張から一気に解き放たれて頬を緩めた。

 この日は妹の詩が女子52キロ級を制し、18年世界選手権以来となる、きょうだいでの同時優勝を果たした。「絶対に勝たないとというか、兄としても負けれないなと。妹も決勝でしっかり勝ちきったので、燃えました」。妹は今回で五輪代表をほぼ確実としたが、自身は4月の最終決戦を控えており「負けていられない。僕もしっかり次に勝ち切って代表になり、きょうだいでともに東京五輪で優勝という目標、夢を達成するためにやっていきたい」と気持ちを新たにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス