文字サイズ

友野一希は仕上がり上々 鍵山も公式練習参加 今夜男子SP

SPに向けて調整する友野一希=韓国ソウル(撮影・堀内翔)
2枚

 「フィギュアスケート・四大陸選手権」(7日、ソウル)

 男子ショートプログラム(SP)へ向けた公式練習が行われ、友野一希(同大)、鍵山優真(星槎国際横浜高)が参加した。

 第4グループで滑る友野は、4回転サルコー、4回転-3回転の連続トーループを着氷するなど、仕上がりは上々。曲かけ練習ではやや着氷が乱れたが、演技後半のトリプルアクセルはきっちり決めるなど、状態のよさを感じさせた。

 シニアの国際大会初出場の鍵山は、曲かけ冒頭の4回転トーループが抜けて2回転となり、続くトリプルアクセルは跳ばなかった。曲かけ終了後に4回転トーループ、トリプルアクセルともにしっかりと着氷し、感覚を取り戻して練習を終えた。

 男子SPは7日午後6時5分から行われ、鍵山は午後8時13分頃、友野は午後9時8分頃登場する予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス