文字サイズ

設楽悠太「5分台なら五輪辞退」気持ち揺るがず 日本新で報奨金1億「ハワイで豪快に使う」

東京マラソンのイベントに登場した設楽悠太=東京・フジテレビ(撮影・高石航平)
2枚

 東京マラソン財団は28日、東京五輪代表残り1枠を争うMGCファイナルチャレンジを兼ねて行われる東京マラソン(3月1日、東京都庁発~東京駅前着)のエントリー選手を発表し、日本記録保持者(2時間5分50秒)の大迫傑(28)=ナイキ、日本歴代2位の記録(2時間6分11秒)を持つ設楽悠太(28)=ホンダ、同5位(2時間6分54秒)を持つ井上大仁(27)=MHPS=が名を連ねた。

 会見には設楽悠が登場。先日の宮崎での公開練習で仮に設定記録(2時間5分50秒)を突破しても、「5分台なら五輪辞退」「東京マラソンが国内で走る最後のマラソン」を表明し波紋を呼んだ。反響については「あまりにも凄くて…」と頭を掻きつつ「やっぱり自分の言葉に嘘はつきたくない。5分台で(五輪に)出ても、ファンの皆さんの期待に応えられない。4分台なら応えられると思う」と、この日も意思は変わらなかった。

 日本記録ならば、2度目の報奨金1億円を獲得。東京マラソンの翌日からハワイ旅行を計画しており「次の日からハワイ。1億獲って、ハワイで豪快に使うのが理想」と、野望を語った。

 今回の東京マラソン、翌週のびわ湖毎日マラソンの残り2大会で、大迫の持つ2時間5分50秒を基準とした2時間5分49秒を突破した日本人最速選手が五輪代表に内定。突破者がいない場合は昨秋のMGC(マラソン・グランドチャンピオンシップ)で3位だった大迫が代表となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス