文字サイズ

福士加代子は25キロでリタイア「次に向かってスタートする」名古屋ウィメンズで再挑戦

 「大阪国際女子マラソン」(26日、長居陸上競技場発着)

 東京五輪代表の残り1枠を争うMGCファイナルチャレンジを兼ねて行われ、18年大会で初マラソン初優勝を飾った松田瑞生(24)=ダイハツ=が、2時間21分47秒で優勝。設定記録の2時間22分22秒突破した。MGC3位の小原怜(29)=天満屋=は2時間28分12秒で13位に終わった。

 リオデジャネイロ五輪代表の福士加代子(37)=ワコール=は、序盤からハイペースの展開の中、20キロ付近で先頭集団から脱落。25キロ付近で自らバツ印をつくってリタイアした。最後の選考レースとなる3月の名古屋ウィメンズマラソンへの出場を視野に入れたもので、レース後は「スピードに乗れていなくて、先頭とも離れて(スピードを)上げられる気がしなくて。名古屋に向かって次のスタートにしようかなと思った。名古屋で記録を狙うしかない」と語った。

 今回は練習での仕上がりが「半分くらい」と不安を抱えた状態でスタートした。それでも「ちゃんとはできていないけど、その中でやれた。次につながるスタートと終わりにはなった」と手応えも残った。

 昨年の大阪では転倒で途中棄権し、3月の名古屋ウィメンズでの再挑戦でMGC出場権を獲得した。「そんな流れにはしたくなかったけど、(同じ)通過点は通ってきた。次に向かってスタートする」と気持ちを新たにラストチャンスにかける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス