文字サイズ

【元日本代表・高島規郎の眼】同じ相手に同じやり方では勝てない

 「卓球・全日本選手権」(19日、丸善インテックアリーナ大阪)

 男女ともに東京五輪代表が優勝を逃すという波乱の大会となった。シングルス決勝が行われ、男子は張本智和(16)=木下グループ=が宇田幸矢(18)=エリートアカデミー=に3-4で敗れ、2年ぶりの優勝はならなかった。女子は伊藤美誠(19)=スターツ=が準決勝で早田ひな(19)=日本生命=に3-4で敗れ、史上初の3年連続3冠はならなかった。早田は決勝で石川佳純(26)=全農=を4-1で破って初制覇した。

 ◇ ◇

 東京五輪代表が次々と敗退した。代表を争う選手は選考レースに集中していたため、国内向けの分析が徹底されなかった部分はある。一方で、若い選手は大きな試合の中で一気に力をつけるものだ。宇田がまさにそうで、張本は柔軟な相手の左のフォアを受けて立ち、防戦になってしまった。

 早田は対策で上回った。いつもは台から下がり気味に戦うが、中陣より前で対応できたことで、伊藤のタイミングが遅れた。前陣でのプレーに加え、中陣でもパワーで盛り返せる。前、中陣の距離の合わせがうまかった。

 同じ相手に同じやり方で勝てないのが卓球だ。バックハンドが得意中の得意である張本は、フォアからバックはいいのだが、バックからのフォアで少し食い込まれてしまう。そこを研究されると、五輪でもフォアを狙われるだろう。台上でしっかり振れるようになり、バックとフォアの得点率が同じくらいになってほしい。(75年世界選手権男子シングルス銅メダリスト、近大名誉教授)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス