文字サイズ

リーチ・マイケル主将、自身の銅像を前に笑顔 4年後は「イシレリ」像を提案

 自身の銅像の頭をなでるリーチ・マイケル=丸の内仲通り
2枚

 ラグビー日本代表フランカーのリーチ・マイケル主将(31)=東芝=が11日、東京都千代田区の丸の内エリア内に設置された、自身の等身大の像をモチーフとしたベンチアートの前で取材に応じた。ベンチアートは三菱地所の制作で6月に設置。リーチ主将はこれを譲り受け、母校・札幌山の手高に寄贈する予定となっている。

 「高3のとき、(札幌山の手高の)佐藤先生と銅像を建てることを約束した。条件は日本代表のキャプテンになることだった。送ることができてうれしいです」と目的を果たして笑顔を見せた。

 4年後も像を?という質問には「4年後はイシレリで」とプロップ中島イシレリ(30)=神戸製鋼=の像を造ることを提案。その理由として「キャラ的にも面白いし、4年後も頑張ってほしい」と期待した。

 続いて4年後はイシレリが日本代表キャプテン?と問われると「それは違います」と即答して笑いを誘った。

 リーチ像は丸の内エリアに展示中。27日に撤去される。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス