文字サイズ

トランポリン・土井畑知里「悔しい」会心演技で銀も涙 東京五輪出場厳しく…

 「トランポリン・世界選手権(1日、有明体操競技場)

 男女個人決勝が行われ、女子はW杯ランキング3位の森ひかる(20)=金沢学院大ク=が55・860点で日本トランポリン界男女通じて初となる個人での金メダルを獲得した。森は来年の東京五輪代表に内定した。土井畑知里(25)=三菱電機=が55・225点で銀メダル。日本勢のワンツーフィニッシュとなった。

 大健闘といえる銀メダル。ただ、たった1つの順位の違いが、五輪選考には大きな意味を持つ。順位決定後、涙した土井畑は「銀メダルがこんなに悔しいとは思わなかった」と唇をかみしめた。

 持ち味の力強い踏みから安定したジャンプを繰り出し、高得点をマーク。「できることは全部できた。演技で出し切れた」と会心の内容だった。ただ、今大会で五輪切符を逃したことで、残り1枠はW杯シリーズの結果で決定。現在、第4戦までを終えて、9位の土井畑は、約30点差で6位の宇山を追いかけている状況。銀メダリストといえども、五輪は厳しい状況だ。

 「この悔しさは五輪でしか晴らせない」。東京が最後の五輪挑戦と位置付ける25歳。その先に夢舞台があると信じて、跳び続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス