文字サイズ

ナガマツ組「自信につながる」タカマツ組撃破で五輪争いリード!初の決勝進出

 「バドミントン・全日本総合選手権」(30日、駒沢体育館)

 各種目準決勝が行われ、女子ダブルスは世界ランク3位の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が同4位の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)に2-0で勝利し、大会初となる決勝に進んだ。決勝では3連覇を狙う福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)と対戦する。

 永原、松本組がリオ五輪金メダルペアの高橋、松友組に大きな1勝を挙げた。序盤から長く激しい打ち合いが続いたが、永原は「レシーブで我慢して、攻め急がなかった」。冷静に対処し第1ゲームを奪ってみせた。第2ゲームは劣勢になったが「離されないことを意識した」と松本。18-20から松友のサーブミスを誘発し流れを引き寄せると、たたみかけるように4連続得点。最後は永原の巧みなショットで勝利をつかみ、2人で跳びはねて喜びを爆発させた。

 初出場した2年前は準決勝で同組に敗れ3位。永原は「勝ててうれしい」と感慨深げだ。日本勢2番手と3番手の直接対決も制して初の決勝進出を決め、2枠を争う五輪レースにおいても優位であることをアピールした。今大会の結果が直接選考に影響することはないが、松本は「(五輪レースが)混戦している中、思うように結果が出せていなかった。ここで勝てたことは自信につながる」と充実の表情で話した。

 決勝の相手は昨年準決勝で敗北した福島、広田組。永原が「初めての決勝の舞台なので楽しむ」と意気込めば、松本も「今日の勝ちをしっかり明日に生かす」と誓う。初優勝を飾り、女子ダブルスのエースであることを証明する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス