文字サイズ

錦織圭、新コーチのミルヌイ氏は「まじめで情熱がある」

 男子テニスの錦織圭(29)=日清食品=が30日、新コーチに就任したダブルスの元世界ランク1位、マックス・ミルヌイ氏(42)=ベラルーシ=について「まじめで情熱がある」と評した。

 ミルヌイ氏はダブルスの名手として知られ、四大大会のダブルスは全仏で4回(2005、06、11、12年)、全米は2回(00、02年)の優勝を誇った。世界ランクの自己最高位はダブルスが1位で、シングルスは18位。昨年、現役を退いた。

 錦織は同氏の現役時代、自身が練習の拠点としている米国で一緒に練習をしていたこともあるという。最初に受けた印象について「まじめだな、というのが第一印象。熱心に練習にも取り組むし、そこを見て育ってきた。理想とする先輩、という感じだった」と打ち明けた。

 コーチの依頼については今年の夏ごろから考え始めたといい、新しい声を入れてもいいのではないかと思い始め、声をかけたという。ミルヌイ氏は『野獣』のニックネームでプレーをし続け「前しか見ずに戦うイメージがある。野獣という何にも動じない強さがある」と語った。

 錦織は10月に右肘を手術。現在の世界ランクは13位で、今はラケットをゆっくり振れる段階で、2~3週間でボールを打てるようになるという。順調にきているといい、復帰時期については来年1月ごろを想定している。

 「(ミルヌイ氏とは)ケガをする前から話をしていて、その後ケガをしてしまったけど、今も熱心に話をしてくれる。選手に合わせられる人なのかな、と感じている。自分の考えを押しつけるのではなく、体のこととか、プレースタイルのこととか一緒に考えてくれる」と、全幅の信頼を寄せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス