文字サイズ

錦織圭、右肘手術後初の公の場リハビリし「いい来年を」

 男子テニスの錦織圭(日清食品)は27日、10月22日に右肘手術を受けてから初めて公の場で元気な姿を見せ「今はリハビリをしながら、いい来年を迎えられるように準備をしている。来季はまた頑張りたい」と意気込みを語った。

 3回戦で敗れた夏の全米オープンを最後にツアーを離れて今季を終えた錦織は、東京都内で行われた東京パラリンピックの聖火ランナー募集のイベントに参加した。

 2016年リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した日本のエースは12月29日で30歳。節目のシーズンへ向けて「(来年は東京)五輪が一番の目標になる」と復活を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス