文字サイズ

リーチ主将の涙に福岡、堀江ら「もらい泣き」 チーム解散に「寂しさ」

 ラグビー日本代表の堀江翔太、稲垣啓太、福岡堅樹が24日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。ワールドカップを振り返った。3人はパナソニック所属。

 稲垣は準々決勝で南アフリカに敗れ、敗退したワールドカップを振り返り、「負けた時、めちゃくちゃ悔しかったです。4年間終わってしまったな、もうこのメンバーで試合できないな、っていう…」と話すと、堀江も「寂しさね」、福岡も「寂しさはちょっとありました」とうなずいた。

 南ア戦後、チームが解散する時にミーティングが行われた。堀江は「(みんな)泣いてたな」、稲垣も「(みんな)泣いてたじゃないですか」と思い出すと、福岡は「やっぱ、リーチさんが、普段泣かないリーチさんがあんだけボロボロ泣いてたの見て…」と普段は泣かない主将リーチ・マイケルが号泣していたことを明かすと、堀江も「せやねん」とうなずき、福岡は「ちょっともらい泣きしますよね」とチームのみんながリーチの涙にもらい泣きしたことをしみじみと振り返っていた。

 稲垣は「ジェイミーも話しながら涙流してたよね」とジェイミー・ジョセフHCも泣いていたことを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス