文字サイズ

東京五輪マラソン&競歩 札幌決定!小池都知事折れた…「同意できないが妨げない」

 小池百合子都知事(左)とジョン・コーツ委員長
3枚

 東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、東京五輪・パラリンピック組織委員会、政府の4者協議が1日、都内で開かれ、五輪のマラソン、競歩の開催地は暑さを避ける目的で札幌市に変更することで決着した。唯一、反発していた東京都の小池百合子知事(67)が「合意なき決定だ」と移転を事実上認めた。五輪のマラソンが開催都市以外で実施されるのは史上初。

 振り上げていた拳を、最後は下ろした。「IOCの決定に同意することはできませんが、最終決定の権限を有するIOCが下した決定を妨げることはしない。あえて申し上げるならば『合意なき決定』でございます」。四者協議の冒頭。小池都知事は厳しい表情を崩さず、右斜め前に座ったコーツ調整委員長に言葉を投げかけた。

 五輪開幕まで9カ月の時期に持ち上がった札幌開催問題。小池都知事は定例会見で「さらに戦うことも検討した」ことを明かし、法律の専門家から「IOCの権限が絶対で、移転を覆すのは難しい」との見方を示されたことも明かした。

 さらに「アスリートの負担が増えることになり、望むところではない」とも語った。コースが決まらないままいたずらに時間を費やしていくことは本意ではなかった。

 もっとも、譲歩は引き出した。調整委員会での議論到達点として4点が決定。特に「会場が札幌に変更された際に発生する新たな経費は、東京都に負担させないこと」は譲れない項目だった。

 小池都知事はこの日、IOCのバッハ会長からメールを受け取り、東京五輪・パラリンピックの後、当初の五輪コースを使った「セレブレーション(祝賀)マラソン」の開催を提案された。今後、詳細を詰めていくという“代替案”。マラソン・競歩の札幌開催は譲っても、圧倒的な存在感を示し続けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス