文字サイズ

マラソン札幌決定 IOCは“謝罪なし”都民の混乱・失望「理解」はしても…

 4者協議を前に握手するIOCのコーツ調整委員長(左)と東京都の小池百合子知事(代表撮影)
2枚

 20年東京五輪のマラソン・競歩会場の札幌への移転を協議する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会は最終日を迎え、IOCのジョン・コーツ調整委員長、組織委の森喜朗会長、小池百合子都知事、橋本聖子五輪相による4者会議が1日、都内で行われ、札幌移転が正式に決定した。事前協議なしに強行移転を決めたIOC、受け入れた組織委に反発を強めていた小池知事は、最後まで同意はせず。開催都市の首長の同意がないまま、競技会場が変更されるという前代未聞の決定となった。

 小池知事はこの日も今回の強行決定について「IOCの突然の変更に都民、国民は驚き、失望していることを前日の4者協議で共有させてもらった」と、不満を滲ませた。コーツ委員長は、バッハ会長からのメッセージとして「会長は都、都民の皆さんがいかに落胆しているかを認識している。あんなに熱心に準備をしてくれていたので、落胆していることは理解できる。会長は都民の皆さんにお願いしています。『理解してほしい。IOCはアスリートの健康を守るためにやむを得ない決定だった』と」と、理解を求め、最後まで謝罪はなかった。そして、今回提案したオリンピックセレブレーションマラソンについては「祝福する機会を与えたい」と、説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス