文字サイズ

羽生【一問一答要旨】圧巻Vも「まだ30%とか20%」「より高い演技を」

フリー演技について振り返る羽生結弦=カナダ・ケロウナ(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート・スケートカナダ」(26日、ケロウナ)

 GPシリーズの第2戦。男子フリーが行われ、SP1位の羽生結弦(ANA)はフリー212・99点、SPとの合計で322・59点で優勝した。2位のナム・グエン(カナダ)は262・77点で約60点差をつけた。会見では、「まだ30%とか20%」と、さらなる高みを目指すべくプログラムに磨きをかける決意も述べた。以下、一問一答の要旨。

 -久々に笑顔だが、演技後の気持ちは。

 羽生「まず久しぶりに心の中から自分に勝てたと思う演技だった。なかなかSPフリーともにそろうことがなかったので、そのこと自体がまずうれしかった。やはり自分がこの試合に来る前に、すごくプレッシャーをかけていて、300点超えたい気持ちもあったけど、それよりスケートカナダで優勝したいって気持ちが強くあった。そのプレッシャーに最終的に勝って、パーフェクトではないけど2つともまとまった演技を出せてよかった」

-目標は達成できましたか。

 羽生「目標は達成出来たと思っています。ただ自分の中では4回転ループを決めたかった気持ちがあるので、そこは不満があります。次の試合へまた新しいステップを踏んでいかないとと思うけど、何が必要で、何が自分の武器なのかを確認しながら練習を進めたい」

 -今日の「Origin」は。

 羽生「自分のこのプログラムに関してはまだ30%とか20%かなと思っています。最終的にはこのプログラムに4回転アクセルを入れたいし、もしかしたらルッツを入れたいって思うかもしれないけど。せっかくこういう演技が出来るようになっているからこそ、より高い演技を目指したい」

 -トルソワが4つの4回転に挑んだ。

 羽生「(英語で)彼女は本当にすごい。スペシャルなスケーターだと思う。ロシアにはシェルバコワやコストルナヤら、すごい選手が沢山いる。刺激を与えてくれる。彼らはジャンプにパワーを使っていない。自分もそういう方法で、すごく強い筋肉があるわけじゃないから」

 -世界選手権で強い選手と戦って勝つのが嬉しいと話していた。今回は自分に勝つ要素が強かったと思う。

 羽生「まず…えっとー…隣にいるナム選手がテクニカル90、田中選手も80以上出しているし、その時点ですごい強い選手だと思っているし、リスペクトを持っています。自分にというのはあったけど、彼らに負けたくないというのはありました」

 (続けて)「特にスケートカナダだったので。SPの時はすごく落ち着いていたけど、それがいいのかは分かりません。いいフリーといいSPができたかもしれないけど、ループはミスをしているし、SPはトーループをぐらつきながら跳んでいる。今ちょっと壁が見えているので、そこ壁を乗り越え切れたらもっといい景色が見えるんじゃないかと思って。もがこうと思っています」

 -4回転トーループ-1回転オイラー-3回転フリップで、3連続をサルコーからフリップにした理由は。

 羽生「まずフリップにした理由は少しでも基礎点をとれるようにしたかったのが大きな理由です。後半のコンビネーション。4回転トーループ-3回転アクセルのシークエンスもそうだけど、ポイントにならないなら意味がない。実用的に活用できる、戦いに必要な物として使いたいと思って今回やった。サルコーの方がエッジを使える分、体を回しやすい。トゥジャンプだからこそ流れがない分難しかった」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス