文字サイズ

大相撲の三賞 御嶽海は優勝か、V逸かで受賞する賞決定

 「大相撲秋場所・千秋楽」(22日、両国国技館)

 三賞選考委員会が開かれ、殊勲賞に西前頭2枚目の朝乃山(高砂)、優勝した場合の条件付きで東関脇御嶽海(出羽海)と東8枚目の隠岐の海(八角)が選ばれた。敢闘賞には東14枚目の剣翔(追手風)と隠岐の海、優勝しなかった場合の条件付きで御嶽海。技能賞は該当者がいなかった。

 殊勲賞の朝乃山は横綱鶴竜、大関豪栄道と栃ノ心ら上位陣に勝ち、14日目までで10勝したことなどが評価された。

 敢闘賞の剣翔は新入幕ながら14日目までで10勝したこと、隠岐の海は14日目まで11勝し、千秋楽まで優勝争いに絡んでいることなどが理由となった。

 その後、千秋楽の取組が終わり、以下の結果になった。

 ▽殊勲賞 御嶽海(出羽海)、朝乃山(高砂)

 ▽敢闘賞 隠岐の海(八角)、剣翔(追手風)

 ▽技能賞 該当者なし

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス