文字サイズ

日本人3人目9秒台・小池の秘話 意図的に「9秒」封印「面白くなかったと思いますけど」

 陸上ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会の男子100メートルで日本人3人目の9秒台となる9秒98をマークし、4位となった小池祐貴(24)=住友電工=が23日、羽田空港に帰国した。多くの報道陣に囲まれたが、「みんな9秒台好きだなと」と、苦笑いを浮かべた。

 今季に向けた冬季練習の中で、9秒台が出る手応えは感じていたという。ただ、2年前に桐生祥秀が破るまで、日本人に立ちはだかってきた“10秒00の壁”。その様子を間近でみてきただけに「(9秒台を)意図的に意識していないようにしていた。なかなか切れないという状況を外からずっとみていたので。冬季練習が終わって、いよいよ自分がという時に、シーズンが始まってちょっとしてから口に出さないようにしてました。インタビューがあんま面白くなかったと思いますけど(笑)」。ふとした時にどうしても頭をよぎることはあったが「“駄目だ”と。“走りの内容が大事”と言い聞かせてきた」と、振り返った。

 今回のレースでも自分の走りに集中し、リオ五輪100メートル銅メダリストのドグラス(カナダ)に先着。元世界王者のブレーク(ジャマイカ)に0秒01差に迫った。「今回も勝負に徹して、平常心でベストを出せた。こういうメンタルが重要なんだと確信が持てた」と、うなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス