文字サイズ

世界選手権 リレー候補発表も女子4継は異例の挑戦断念 世界との差激しく…苦渋

 日本陸上連盟は1日、福岡市内で9月に開幕する世界選手権(カタール、ドーハ)のトラック&フィールド代表選手発表会見を行った。前日まで行われた日本選手権などで内定した10人(男子6人、女子4人)を選出。男子100、200メートルで2年ぶりの2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=、女子やり投げの北口榛花(21)=日大=らが選ばれた。残る選手たちは参加標準記録の有効期間である9月6日までの世界ランキングなどにより選考する。また、リレーの代表候補選手も発表され、金メダルの期待が懸かる400メートルリレーでは、サニブラウン、桐生祥秀、小池祐貴、飯塚翔太、多田修平、山県亮太、白石黄良々、ケンブリッジ飛鳥、坂井隆一郎、川上拓也、橋元晃志の11人が名を連ねた。

 一方で低迷が続く女子400メートルリレーは「(日本選手権でも)十分なパフォーマンスが見られず、目先の世界選手権より長期的な視野で来年の東京五輪を見据えて個々のレベルアップを目指した方がいいという決断。選考を見合わせた」(麻場強化委員長)と、異例の世界選手権挑戦断念を発表した。

 近年チームをけん引してきた福島千里、市川華菜らが不振。現在の世界ランクは28位(44秒11)で、出場圏の16位ナイジェリア(42秒75)との差は1秒36。日本記録(43秒39)の大幅な更新が必要な状況となっている。世界選手権で8位以内に入れば、東京五輪の出場権を得られるという重要な大会だが、現状の世界との差を考えて、苦渋の決断となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス