文字サイズ

サニブラウン快挙!短距離2冠 雨にも風にも負けず…夢の19秒台お預けも圧勝

 男子200メートル決勝、優勝はサニブラウン、右は2位の小池祐貴、後方左は3位の桐生祥秀(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「陸上・日本選手権」(30日、博多の森陸上競技場)

 世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)代表選考会を兼ねて行われ、男子200メートル決勝はサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が20秒35(向かい風1・3メートル)で優勝した。2年ぶり2度目の2冠を達成し、100メートルに続き、200メートルでも代表に内定。悪条件に日本人初の19秒台はならなかったが、2度目の短距離2冠は生駒一太(1947、49年)、豊田敏夫(77、79年)に続く史上3人目の快挙となった。

 夢の19秒台こそならなかったが、もはや日本では別次元の存在であることを走りで、言葉で、改めて証明してみせた。降りしきる雨も、向かってくる風も切り裂き、カーブ中盤で先頭に立つと追いすがる小池、桐生を余裕を持った走りで突き放して完勝。「普通に体力的にキツかった。まあ疲労があった中でよく走ったかな」と、サラリと言ってのけた。

 2度目の2冠は当然の結果だ。「17年の自分にできたこと。もっと強くなった自分にできないわけはない。やることをやっただけ。特別な思いはない」。強い雨と向かい風の悪条件。疲労もピークにきていた。波立つように乱れそうな集中力を、強い言葉を自分に投げかけて落ち着かせた。「とりあえず行くかと。英語で考えながらやっていたんですけど、英語だとちょっと汚い言葉なので、言わないですけど」と笑いながら、「日本選手権の決勝だと思わず、ただの200メートルのタイムトライアルだと思って挑めた」。意識のレベルが違っていた。

 “開拓者”としての思いがある。世界最高の米国の環境でもまれる日々。言語の習得や、勉強も手を抜けない。「自分は違うものにチャレンジしている。自分が成果を見せることによって、後に続く高校生や若い人たち、年上の人もそうですけど、米国や他の外国のコーチのところでもまれるようなチャレンジができればいいなと思います」。自分の残す“轍(わだち)”が、未来への礎になると信じている。

 視線はいつだって世界の頂に向いている。今後はフロリダに戻り、課題を修正しながら、世界選手権に向けて調整していく。「もっと速い選手がいるし、タイムも要求される。万全の状態で挑めれば。なんとかメダルにねじ込みたい」。放たれる言葉はもうビッグマウスには聞こえない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス