文字サイズ

伊調、ライバルに「気持ち負け」 次戦も敗れれば五輪絶望的「次が本当の勝負」

川井梨紗子に敗れ厳しい表情の伊調馨
3枚

 「レスリング・全日本選抜選手権」(16日、駒沢体育館)

 世界選手権(9月、カザフスタン・アスタナ)の代表選考会を兼ねて行われ、女子57キロ級決勝で、五輪4連覇の全日本女王、伊調馨(35)=ALSOK=は、リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダリストの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に4-6で敗れた。伊調は7月6日のプレーオフ(埼玉県和光市)で川井梨と再戦。勝った方が、東京五輪代表へとつながっていく世界選手権代表をかけた大一番に臨む。

 レスリングの神様は、そう簡単には東京へと続く道に導いてはくれない。宿命のライバルに競り負けた伊調は、最後まで表情を変えることなく、6分間の激闘を振り返った。

 「前半は本当に気持ち負けしていた。組み合った時に、前に出る圧力を感じた。梨紗子も並じゃない気持ちできた。強かったということ。もう少し前に出られなかった?一番は勇気でしょう」

 勝てば世界選手権の切符が手に入る五輪女王対決。アドバンテージを握りながら、なかなか懐へもぐり込めなかった。逆に足を狙われ、伸びてくる手をかわし続けた。1点のビハインドで迎えた第2ピリオド、反則も取られ、最大で5点のリードを許した。

 残り28秒。相手の左足をつかみ、がむしゃらに前へ出た。もつれ合い、もんどり打ちながら場外の看板へ突っ込んでいった。熱すぎる戦いに、場内が一瞬静まり返った。タイムアップ寸前には場外へ押し出したものの、最後は2点及ばなかった。

 5連覇をかける東京五輪への長い戦い。1月に左足を、3月には右足を痛めた。疲労骨折につながらないようにと、時にスパーリングのセーブを余儀なくされる。今月13日に35歳になった肉体を支えるのは、五輪を4連覇した自負と、レスリングへの愛情にほかならない。

 「ギリギリの戦いだけど、自分が望んで戻ってきた。いかにやりがいと感じるか。純粋にレスリングが好きで戻ってきたし、その気持ちを忘れないようにしたい」

 プレーオフに勝てば、世界選手権の代表を獲得できる。そこでメダルを手にすれば、5連覇がかかる五輪の代表が待っている。もっとも、プレーオフに敗れれば、川井梨の実力からみて五輪は極めて厳しくなる。

 「難しい3週間になる。自分が世界にいくという気持ちを作っていくこと。自分が築いてきたもの、進化してきた部分もある。次が本当の勝負。やるしかない」。レスリング人生をかけた再戦まで3週間。今度こそ神様を振り向かせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス