文字サイズ

ルマン24時間、トヨタが2連覇 中嶋一貴、アロンソらの8号車

 自動車耐久レースの第87回ルマン24時間で2連覇を達成した、中嶋一貴が運転するトヨタ8号車=16日、ルマン(AP=共同)
 ルマン24時間の決勝でセバスチャン・ブエミが運転するトヨタ8号車=ルマン(AP=共同)
2枚2枚

 【ルマン(フランス)共同】伝統の自動車耐久レース、第87回ルマン24時間は16日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキット(1周13・626キロ)でゴールを迎え、最高峰のLMP1クラスに2台で臨んだトヨタが中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ(スペイン)らの8号車で2連覇を達成した。小林可夢偉らの7号車が2位。

 昨年初栄冠をもたらした中嶋は全8戦で争った今季の世界耐久選手権(WEC)で日本選手初の総合王者に輝いた。

 トヨタは昨年20度目の挑戦で日本メーカーとして1991年のマツダ以来となる頂点に立った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス