文字サイズ

リオ五輪銀の太田 決勝で敗戦も「自分の方が強いと思っている」

文田健一郎に敗れ、悔しさをにじませた太田忍=駒沢体育館(撮影・中田匡峻)
2枚

 「レスリング・全日本選抜選手権」(16日、駒沢体育館)

 世界選手権(9月、カザフスタン・アスタナ)の代表選考会を兼ねて行われ、男子グレコローマンスタイル60キロ級で敗れたリオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダリストの太田忍(25)=ALSOK=は、決勝で文田健一郎(ミキハウス)に1-4で敗れた。

 敗戦後、太田は「負けて言うのも何だけど、自分の方が強いと思っている。実力はぼくがある。ぼくの方が世界で勝てる。それは事実。アジア選手権(4月、中国)で負けている(=3位)ようでは…。ぼくは(昨年の)アジア(大会で金メダル)を取っている」と言い切った。

 世界選手権でメダルを獲得すれば、東京五輪代表に内定する。自身の今後について「健一郎は決めてくる。67で目指す」と話し、世界選手権の結果次第で階級を上げる可能性についても言及した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス