文字サイズ

トランプ大統領来場の大相撲千秋楽、視聴率は26・3%の高数字マーク

 26日にNHK総合で放送された「大相撲夏場所・千秋楽」の視聴率が、関東地区で26・3%の高数字だったことが27日、分かった。千秋楽には、米国のトランプ大統領夫妻が安倍晋三首相夫妻と来場し、話題となった。(数字はビデオリサーチ日報調べ)

 夏場所千秋楽は、すでに平幕・朝乃山(高砂)の優勝が決まっている状態だったが、トランプ大統領の来場に注目が集まっていた。トランプ大統領は安倍晋三首相とともに来場し、観戦。表彰式では、米国大統領杯を自ら授与。「レイワ・ワン」などの言葉も使い、朝乃山の優勝を称えていた。

 26・3%をたたき出したのは午後5時から1時間の中継枠で、トランプ大統領らは午後5時前に両国国技館に来場。午後4時から1時間の枠も15・9%と高くなった。

 関東地区の最近の千秋楽では、貴景勝の大関昇進がかかった春場所は18・4%、玉鷲が初優勝を決めた初場所が18・9%。貴景勝が初優勝した昨年11月の九州場所は22・6%。夏場所はこれらを上回り、近年まれにみる高数字となった。

 関西地区も24・9%で、東西ともに高い数字だった。

 現職の米大統領の大相撲観戦は初めて。場内では観衆から総立ちで歓迎された一方で、両国国技館とその周辺は厳戒態勢が取られたことで混乱も起こった。

 

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス