文字サイズ

クライミング複合JC、野中生萌が初優勝 複合で初めて野口超え「自信を取り戻せた」

女子複合決勝 ボルダリングで完登し、ガッツポーズする野中生萌=石鎚クライミングパークSAIJO
女子複合決勝 ボルダリングで完登し、声援に応える野中生萌=石鎚クライミングパークSAIJO
女子複合決勝 スピードで野口啓代㊨と対決する野中生萌=石鎚クライミングパークSAIJO
3枚3枚

 「スポーツクライミング・複合ジャパンカップ」(26日、石鎚クライミングパークSAIJO)

 男女決勝が行われ、女子は野中生萌(20)=XFLAG=がスピード、ボルダリングで1位となり、初優勝を飾った。連覇を狙った野口啓代(29)=TEAM au=は2位。3位には、森秋彩(15)=つくば開成高=が入った。

 野中がオールラウンダーとして、ついに日本の頂点に立った。最初のスピードで唯一8秒台を記録し、トップに立つと、続くボルダリングでは野口が登れなかった最後の第3課題を“一撃”と呼ばれる一度目の挑戦で登り切り連続1位。3種目の順位をかけ算し、値が小さい選手が上位となるルールで、圧倒的に優位に立ち、リードは7位だったが、悠々と逃げ切った。

 「うれしい。自分のもっているダイナミックさをスピードとボルダリングで出せた。自信を取り戻せた」

 4度目の複合での対戦で野口に勝ったのは、これが初めて。3月に左肩を痛め、復帰2戦目。怪我をした当初は「自信が一気になくなった」と厳しい戦いを覚悟したが、苦しいリハビリに耐え、前日の予選ではスピードで日本記録を更新するなど、見事に復活を果たした。

 視線の先は、7位以上の日本人最上位で東京五輪代表が決まる世界選手権(8月・八王子)。「世界選手権で金メダルを取って、五輪でも金メダルを取りたい」と、瞳を輝かせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス