文字サイズ

1敗の鶴竜、朝乃山が勝ち越し 栃ノ心は貴景勝の休場で不戦勝…大関復帰へあと2勝

隠岐の海を寄り切りで下した鶴竜(右)=両国国技館(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 「大相撲夏場所・9日目」(20日、両国国技館)

 横綱鶴竜(井筒)が結びの一番で隠岐の海(八角)を寄り切って1敗を堅持した。勝ち越しも決めた。

 大関貴景勝(千賀ノ浦)が再び休場したことで、関脇栃ノ心(春日野)が不戦勝となった。これにより8勝1敗で栃ノ心が勝ち越しを決めた。先場所の千秋楽で、貴景勝に敗れたことで、かど番だった栃ノ心は大関陥落が決まった。その次の場所で、対照的な結果となった。栃ノ心は今場所で10勝を挙げれば、規定により大関に復帰する。

 残るもう1人の一敗力士、平幕の朝乃山(高砂)は竜電(高田川)を寄り倒して、勝ち越しを決めた。

 大関陣では貴景勝が再び休場。豪栄道(境川)は阿炎(錣山)を引き落として6勝3敗。高安(田子ノ浦)も妙義龍(境川)を寄り切って6勝目。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス