文字サイズ

負傷の貴景勝、出場可否は16日朝に判断 師匠「本人は淡々としていた」

階段の手すりをつかみ足を引きずる貴景勝(撮影・中田匡峻)
 貴景勝の負傷について取材に応じる千賀ノ浦親方
2枚2枚

 「大相撲夏場所・4日目」(15日、両国国技館)

 新大関貴景勝(22)=千賀ノ浦=が4日目の小結御嶽海(出羽海)戦で右膝を負傷。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が打ち出し後の夜、部屋の前で対応。この日は治療に専念し、5日目の16日の朝に出場可否を判断する考えを明かした。

 「あした病院に行って、部屋に来る。痛かったら出させられない」と慎重に見極める。弟子とは電話で状態を確認。「本人は淡々としていた」と、様子を語った。

 貴景勝は5連敗中だった天敵の御嶽海にもろ差しから寄り切って3勝目を挙げた。寄り切った後、右膝を押さえ顔をしかめた。

 支度部屋では「大丈夫」と言ったものの、険しい表情で痛みを必死にこらえていた様子。右膝をずっとアイシングし、国技館からの帰り際も右足をひきずっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス