文字サイズ

坂本花織、エキシビジョンで“くノ一”剣術披露

エキシビションに登場した坂本花織=マリンメッセ福岡(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(14日、マリンメッセ福岡)

 出場選手らによるエキシビションが行われ、ショートプログラム(SP)、フリーとも自己ベストを更新した坂本花織(シスメックス)が、黒い忍者コスチュームで登場。頭にはちまきを巻いた女忍者“くノ一”は、三味線や太鼓のリズミカルな曲に乗って、3回転ジャンプや殺陣のような振り付けの演技を披露した。

 この日の取材では、今大会を振り返り「自己ベストで終われたのはよかったけど、内容はいまいちだった。さらに自己ベストを更新できるように、来シーズンへのスタートをここからできるようにしたい」と語っていた。来季はトリプルアクセル(3回転ジャンプ)に挑戦する意向を示している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス