文字サイズ

紀平梨花、来季4回転挑戦に意欲「完成を目指したい」

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦から一夜明けた14日、マリンメッセ福岡で出場選手が取材に応じ、来季への抱負などを語った。今季シニアデビューし、国際大会6連勝など躍進した紀平梨花(16)=関大KFSC=は、「今までのシーズンより長かった。どの試合も気が抜けない大事な試合で1年くらいかけたようなシーズンだった」と振り返った。

 今大会ではショートプログラム(SP)で世界最高得点を出し首位に立ったが、フリーではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を含む2度の転倒があり5位だった。来季のプログラムでは新たに4回転に挑戦する意向。すでに練習は始めているが、故障のリスクもあるため本格的には今オフとなる。「やっと挑戦できるので完成を目指したい。ケガがないようにたくさん練習したい」と語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス