文字サイズ

貴景勝、初の名刺で「マナー勉強したい」故郷・芦屋市のふるさと大使に就任

山中市長(左)からふるさと大使を委嘱された貴景勝
2枚

 大相撲の新大関貴景勝(22)=千賀ノ浦=が29日、出身の兵庫県芦屋市のふるさと大使に就任した。市役所で山中健市長から委嘱状を受け取り、「芦屋ふるさと大使 貴景勝光信」と入った名刺も手渡された。

 人生初の名刺に「名刺交換の心得、マナーを勉強したい」と新鮮な気持ち。巡業先でも「(ファンが)欲しいと言ってくれるのであればあげたい」と名刺配布に意欲的だった。

 市によると市役所には約200人が駆けつけた。歓迎セレモニーでは「大関、お帰りー」の声が飛び、地元園児から「おおぜき、おめでとうございます」と花束を贈呈された。

 「芦屋市民としてもっと盛り上げられるように。もう一つ上の番付がある。精進していく」と御礼のあいさつ。横綱昇進を誓った。

 「風景、空気が好き」と懐かしく大好きな故郷。「芦屋川の桜はすごいきれい。街がきれい、空気がきれい」とPRし、大使のお仕事をきっちりこなしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス