文字サイズ

貴景勝、小学生のプロポーズに照れ笑い「10年後、もう一回会いましょう」

 「大相撲春場所」(10日初日、エディオンアリーナ大阪)

 大関とりに挑む関脇貴景勝(22)=千賀ノ浦=が3日、小・中学生時代を過ごした兵庫県西宮市の阪急西宮ガーデンズで交流イベントに参加し、小学生女児から仰天プロポーズを受けた。質疑応答でご当地スターへいきなり“洗礼”だった。

 「私の夢は将来、貴景勝関のお嫁さんになること。お嫁さんになれますか?」と懇願された。押し相撲が信条の男も猛烈アタックにタジタジ。「10年後、もう一回会いましょう」と照れ笑いした。

 母校・仁川学院小の制服を着た後輩2人からの質問にも応答。「僕もこの制服を着ていた」と懐かしむなど故郷でパワーを注入した。

 “凱旋”に両親も駆け付けていた。ファンから大事にしている言葉を問われると父・佐藤一哉さんから送られた臥薪嘗胆(がしんしょうたん)を挙げた。相撲を始めてから父子鷹ですべてを相撲に注いできた。「目的を果たすためには努力を惜しまない」と今も胸に刻む父の金言だ。

 最後には、観客が「えい、えい、おー」を3度、繰り返し大声援。「関西でいい成績を残して最高の結果を。次の番付を目指す」と故郷で大関昇進を約束した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス