文字サイズ

白鵬V42も右腕負傷…表彰式でも賜杯持てず…痛みで顔をゆがめる「痛いです」

八角理事長(右)から賜杯を受け取る白鵬(中)
【大相撲大阪場所千秋楽 白鵬-鶴竜】鶴竜との一番で観客席に倒れ込み右腕を触る白鵬(撮影・冨永豊)
鶴竜(手前)を下手投げで破り全勝優勝を決めた白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・佐藤厚)
3枚3枚

 「大相撲春場所・千秋楽」(24日、エディオンアリーナ大阪)

 白鵬(宮城野)が鶴竜(井筒)との“横綱対決”を制して、42度目の優勝を果たした。全勝での優勝は昨年秋場所以来15回目となった。

 右の下手投げで勝負を決めた白鵬だが取組後、右の上腕を気にするそぶりを見せ、負傷した模様。痛みで顔をゆがめ、控え室では氷で冷やしていたが、表彰式では右腕を固めて、賜杯も持つことができず、優勝旗も左手だけで受け取った。

 土俵横での優勝インタビューでは、「うれしいです。本当に場所前の稽古も良かったし、汗を大事にしようと大阪場所にのぞみました。ちょっと力が入りました」と今場所を振り返り、右腕の状態には「最後投げたときに痛めてしまって。ちょっと痛いです」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス