文字サイズ

羽生結弦が超変則練習 開始わずか6分で曲なしSP完遂 驚異の“4連続ジャンプ”も

世界フィギュアスケート選手権SPに向けて公式練習を行う羽生結弦(撮影・堀内翔)
公式練習を終えて、おどけた表情を見せる羽生結弦(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「フィギュアスケート・世界選手権」(20日、さいたまスーパーアリーナ)

 21日の男子ショートプログラム(SP)を控え、男子の公式練習が行われた。

 右足首のじん帯負傷からの4カ月ぶりの復帰戦となる羽生結弦(24)=ANA=は、すぐに3回転ループを跳び、開始1分で上着を脱ぐと、練習開始3分20秒から曲が掛かっていない状態でSP「秋によせて」の通し練習を始め、4回転サルコー、トリプルアクセル、4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプ、スピン、ステップなど振り付けも含めて、ほぼすべての要素を完ぺきに演じきった。

 その後はしばらくジャンプを跳ばず、振り付けなどを確認。トリプルアクセル2連発などを跳ぶと、4回転ループで踏み切りの際に足を滑らせて転倒し、約1000人の観衆から悲鳴が起こる場面も。しかし、大事には至らず、その後は4回転ループを完ぺきに決めて見せた。

 フリー「Origin」の曲掛け練習では4回転ループは着氷が乱れる形となったが、その後、4回転サルコー、4回転トーループは鮮やかに決めた。続く4回転トーループからのトリプルアクセルは、2回転トーループになってしまい失敗したが、その後のトリプルアクセルにトリプルアクセルをつけるリカバリーを披露。その後の練習では4回転トーループからのトリプルアクセルにオイラーを挟み、3回転サルコーをつける荒々しい“4連続ジャンプ”を披露した。最後は上着をなびかせながらステップを確認。この日もとにかく独壇場だった。

 他の選手がリンクインからスケーティング、ジャンプの確認、曲掛け練習と移っていく中で、異例で奇抜な調整法を見せた五輪王者。2年ぶり3度目の世界王者へ、羽生にしか見えていない頂点へのルートがあるのだろうか。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス