文字サイズ

100均ショップのダイソーが広島に女子駅伝部 初代監督に名将・岩本氏

手を合わせて健闘を誓うダイソー女子駅伝部のメンバー(左から松本のぞみ、夏目ゆうか、岩本監督、平村古都、相原美咲、真崎遥)
1枚拡大

 100均ショップを全国で展開する大創産業(東広島市)が4月1日付けで「ダイソー女子駅伝部」を創部することになり、20日、広島市内で記者発表が行われた。初代監督には広島・世羅高陸上競技部監督の岩本真弥氏(53)が就任。今年3月に高校を卒業した5選手が入部する。

 岩本監督は「とてもフレッシュな気持ち。やるしかない。不安な気持ちは取り除き、期待感を持って臨みたい」と意気込みを語った。

 15年間指導してきた世羅高は3月末で退職する。全国高校駅伝で男子を5度、女子を1度、優勝に導いた名将は「数年前から引き際を考えていた。後を任せられる人材ができたので、今回、監督の話を引き受けることになった」と説明。今後の目標には「3年後にプリンセス駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝の予選会)、5年後にクイーンズ駅伝(本大会)に出場し、10年後に頂点を取れれば。広島の人から愛されるチームを目指したい」と青写真を描いた。

 部員は岩本監督の教え子である世羅高出身の3人を含む5人が入部する。いずれも3月に高校を卒業したばかりの将来性豊かな18歳。大創産業に正社員として入社し、週に2回、午前中のみ店舗などで業務を行い、それ以外は練習に打ち込む。今年1月には選手寮も完成。トレーニング施設も備え、充実した環境が整っている。

 小川金也・女子駅伝部部長(59)は「広島県の陸上競技を盛り上げ、競技人口を増やすことで地域貢献、社会貢献を果たしていきたい」と説明。「我が社は全従業員の85%を女性が占めている。お客様も女性の方が大半で、女子力で支えられてきた会社。女性を応援していきたいという思いから女子駅伝部とした」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス