文字サイズ

羽生結弦が帰国、120日ぶり公の場 右足首は「大丈夫です」世界選手権へ「頑張ります」

笑顔で帰国した羽生結弦=羽田空港(撮影・金田祐二)
世界選手権出場のため帰国した羽生結弦=羽田空港(撮影・金田祐二)
2枚2枚

 フィギュアスケート男子のソチ、平昌五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が18日、世界選手権(20日開幕、さいたまスーパーアリーナ)に出場するため、羽田空港着の航空機で帰国した。

 右足首のじん帯を損傷した昨年11月のGPシリーズ・ロシア杯で松葉杖を用いて表彰式に登場した11月18日以来、実に120日ぶりの公の場。約100人のファンが歓声をあげる中、両足でしっかりと日本の地を踏みしめた羽生は、右足首の状態を問われて「大丈夫です」。大会に向けての意気込みを問われると「頑張ります」と応じ、多くの関係者に連れられて一般とは別の導線の奥に消えた。

 ロシア杯のフリーの公式練習中、4回転ループを跳んだ際に右足首を負傷した羽生は、その後、フリーに強行出場し、優勝を果たした。しかし、日本に帰国し、精密検査を受けたところ、右足関節外側じん帯損傷、三角じん帯損傷、右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)部損傷と診断された。3週間の安静と1カ月の加療が必要とされ、12月のGPファイナル、全日本選手権を欠場した。

 全日本選手権は世界選手権の代表選考会を兼ねていたが、日本連盟の定めた世界選手権選考要項の負傷者への救済条項により、今大会の代表入りを決めた。年明けから氷上練習を再開し、世界選手権に向けて調整してきた。

 五輪でも右足首の故障からの長期ブランクをものともせずに、連覇を成し遂げた不屈の男。今回も4カ月ぶりの実戦。再び奇跡を起こせるか。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス