文字サイズ

体操協会パワハラ問題で、池谷幸雄氏に厳重注意「風説を流布」

 日本体操協会は9日、都内で理事会を開催した。リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江(19)=高須クリニック=を巡る塚原光男副会長(71)、塚原千恵子女子強化本部長(71)のパワハラ問題に関して、一連の騒動の問題点を検証する特別調査委員会が報告書を提出し、理事会が承認。問題に関わった各人への懲戒処分は見送った上で、宮川に反省文提出を求めるほか、塚原夫妻に謝罪を求めるなどの対応を決めた。

 一連の問題を調査していた第三者委員会は昨年12月、塚原夫妻による宮川へのパワハラを認定せず、日本協会は夫妻を復職させることを決定していた。その上で、特別調査委員会がこの日、調査の結果、各人が協会の規定に違反や抵触があったかどうかを報告した。

 宮川については「選手とコーチを引き離そうとしている」と、決定的な証拠もなく塚原強化本部長の関与を訴えたことなどについて、倫理規定に抵触すると判断し、反省文の提出を提案。すでに宮川からは自主的に提出されているという。塚原夫妻には謝罪や、任期満了による役職の退任を求める。

 また、具志堅幸司副会長(62)は「18歳の少女がうそをつくとは思えない」などと公正に欠く発言があったとして厳重注意(顛末書と謝罪文提出)、池谷幸雄氏(48)に対しても「風説を流布した」として、厳重注意(誓約書)を決めた。

 池谷氏は昨年出演したテレビ番組で、宮川がコーチから暴力行為を受けていると告発した内部告発者について「千恵子先生としか思えない」と号泣しながら訴え、塚原夫妻を「永久追放」などと語った。しかし、その後、「申し訳ありません。僕が言う立場ではありませんでした」などと謝罪していた。

 協会側は、池谷氏のテレビ番組での発言について「正確性に欠ける疑いがあるものや推測であろう発言があり、風説を流布し本会の信用を失し、塚原夫妻を批判・中傷した行為に該当する疑いがある」とし、登録会員として倫理規定に抵触すると認定。誓約書の提出を求めることを決めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス