文字サイズ

阿部一二三「小学生ぶり」初戦敗退で危機感「大げさなくらい考えないと」

 柔道男子66キロ級で世界選手権2連覇中の阿部一二三(21)=日体大=が14日、遠征先のフランスから羽田空港に帰国した。グランドスラム(GS)パリ大会では「小学生ぶり」という初戦敗退を喫し、「悔しい気持ちは少しあるが、前向きにやっていきたい」と巻き返しを誓った。

 GSパリ大会では、2回戦で世界ジュニア王者のロンバルド(イタリア)と対戦。自身の武器である担ぎ技を徹底的に研究、対策されて完全に封じられた。「組んだ瞬間からやりづらいなと。重心が低くて(担ぎ技に入りにくく)、足技を掛けようとしても(相手の)足が遠かった」。組み手、間合いともに長所を消され、足技などを試みたが、苦しい局面を打開できず。「想定していた以上に相手が研究してきていて、もっと上をいかないといけないと思っていたが、対応できなかった」と唇をかんだ。

 自身が考える以上に世界の“阿部一二三対策”が進んでいることを身をもって実感し、「もっと大げさなくらい(相手が研究してくると)考えないといけない」と危機感をにじませた。ただ、釣り手と引き手の二つを持ち、体幹の強さを生かして投げ切るスタイルを変えるつもりはない。「相手を崩したり、技に入れる間合いをつくれたら一本は取れると思う」と話し、「あとは組み手や崩し、足技」と強化ポイントを挙げた。

 次戦は、世界選手権(8~9月、日本武道館)代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権(4月、福岡)で、丸山城志郎(ミキハウス)ら国内のライバルと争う。「4月はしっかり勝ち切りたい。自分の柔道を立て直してやっていく」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス