文字サイズ

元女王・平野美宇、大会5日目で姿消す 18歳にして「若い選手が出てきている」

女子シングルス5回戦で木原美悠(左)に敗れた平野美宇=丸善インテックスアリーナ大阪(撮影・持木克友)
ウイニングショットが決まらずのけぞる平野美宇=丸善インテックスアリーナ大阪(撮影・持木克友)
2枚2枚

 「卓球・全日本選手権」(18日、丸善インテックアリーナ大阪)

 女子ダブルス5回戦で、平野美宇(18)=日本生命、石川佳純(25)=全農=組は、佐藤瞳(21)、橋本帆乃香(20)組=ともにミキハウス=に1-4で敗れた。シングルスでは、平野が14歳の木原美悠(エリートアカデミー)に1-4で敗戦。一昨年女王で3年連続決勝に進んでいた実力者が、大会5日目にして姿を消した。

 「優勝を目指していたのですごく悔しい」と平野。特にシングルスでは「勝ちたいって焦りが出て、(相手の攻撃に)分かっているのに反応できなかった」とうつむいた。

 今回敗れた木原は、エリートアカデミーの後輩。18歳ながら「どんどん日本のレベルがあがっている。若い選手がどんどん出てきている」と危機感も感じている。「何かされたというか、自分が崩れてしまった。反省して練習していきたい」と懸命に前を向いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス