文字サイズ

稀勢の里、疲労を考慮し軽めの調整

チューブを使ったトレーニングをする稀勢の里(中央)
1枚拡大

 「大相撲初場所」(13日初日、両国国技館)

 右膝負傷で先場所を途中休場し初場所に進退の懸かる横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が5日、都内の部屋で相撲は取らず、軽めの調整で終えた。前日、大関高安との三番稽古は13番で打ち切っていた。疲労を考慮し、回復に努めたもようだ。

 新調した赤紫色の締め込みを慣らしながら、ゴムチューブを使い両腕を強化。休養か、と問われると「まあまあ。特になし」と多くを語らなかった。

 6日の出稽古に関しては「そんな感じで」と意欲的。状態を判断する重要な場となる7日の横綱審議委員会(横審)の稽古総見、9日の二所ノ関一門の連合稽古に向け、ギアを上げていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス