文字サイズ

紀平梨花、際立つ3回転半の“破壊力”と各要素の“質” ザギトワと採点比較

SPを終え、ピースサインを見せる(左から)坂本花織、紀平梨花、宮原知子
本番へ向け最終調整する紀平梨花(撮影・國島紗希)
2枚2枚

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(6日、バンクーバー)

 女子のショートプログラム(SP)が行われ、初出場初優勝を目指す紀平梨花(16)=関大KFSC=は得意の3回転アクセルを含む3本のジャンプをすべて成功させるなどほぼ完ぺきな演技を披露し、世界最高を更新する82・51点でトップに立った。従来の世界記録保持者で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が77・93点で2位につけた。優勝を争うであろう2人の演技を採点詳細から比較する。

【ジャンプ】

 紀平は代名詞と言える冒頭の3回転アクセル(3回転半、トリプルアクセル)を成功し、出来栄え点2・51点と合わせて10・51点をマーク。さらに、3回転フリップ-3回転トーループも1・74点の加点がつき11・24点。後半の3回転ルッツも2・36点の加点がついて8・85点だった。

 ザギトワは冒頭で3回転ルッツ-3回転ループの連続ジャンプで12・65点。2回転アクセルは4・10点で、後半に配置した単独の3回転フリップは7・80点だった。出来栄え点の加点は冒頭のコンビネーションが1・85点、2回転アクセルは0・80点、3回転フリップは1・97点と、2点を超える要素はなかった。

 各要素を比べると、3回転アクセルの“破壊力”と、すべてにおいて高い出来栄え点を重ねる“質の高さ”がうかがえる。

【スピン・ステップ】

 紀平はフライングシットスピンがレベル2になってしまい、2・89点。残り2本とステップシークエンスはレベル4で、各要素を合計すると16・76点。ザギトワはすべて最高評価のレベル4で、17・55点を記録した。スピンをレベル4にそろえることができれば、さらに上も狙える。

【演技構成点】

 紀平が35・15点、ザギトワが35・83点とほぼ互角だった。ただスケート技術、つなぎ、身のこなし、構成、曲の解釈の5つのうち、全てでザギトワが上回った(0・04点から0・36点)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス