文字サイズ

紀平梨花が帰国 報道陣殺到「ビックリ」ファイナルは「ノーミス」で打倒ザギトワ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・フランス杯を制し、GPデビューから2連勝を果たした紀平梨花(16)=関大KFSC=と2位の三原舞依(19)=シスメックス=が27日、関西国際空港に帰国した。報道陣約40人から出迎えられ「すごくたくさん、今まで以上でビックリ」と紀平。「うれしい気持ちもあるけど今は抑えて、次の試合に向かっている」と次戦を見つめた。

 その次戦とは、同年代の五輪女王ザギトワ(ロシア)らに挑むGPファイナル(12月6日開幕、バンクーバー)。ザギトワとは過去2度対戦があり、1勝1敗だ。初顔合わせは紀平が初めて国際スケート連盟公認大会でトリプルアクセルを決め、優勝したジュニアGPスロベニア大会。2度目は同年のジュニアGPファイナルで、フリー冒頭のトリプルアクセルで転倒し、敗れた。

 勝敗の鍵を握るのはやはり“代名詞”か。「ノーミスをすることができれば、自分の結果としては満足いくと思う」と紀平。短い調整期間だが、万全を期す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス