文字サイズ

ボクシング 高山勝成のアマ登録認可へ 苦闘1年半「やっとスタートラインに」

アマ登録への認可が確実となった高山勝成(右)と、岡筋弁護士(左)=岸記念体育館
1枚拡大

 ボクシングのプロで日本初の4団体制覇を果たし、アマチュアとして東京五輪を目指す高山勝成(35)=名古屋産大=が9日、都内で行われた日本ボクシング連盟のアマチュア登録審査会で、アマルールに対するペーパーテスト、面談などを受け、審査を通過。近日中に愛知県連盟に登録申請を行い、認可を受けることが確実となった。

 審査会後、報道陣に対応した高山は「自分がアマ選手として五輪出場を目指すと表明して1年半の月日が経ちました。その間に自分を支えてくれた、たくさんの署名をいただいたすべての皆様に感謝したい。やっとアマ選手としてのスタートラインに立てる。ここからが勝負。1日1日悔いのない日々を過ごしていきたい」と、すがすがしい表情で話した。

 国際ボクシング協会(AIBA)は2016年リオデジャネイロ五輪からプロ選手の出場を解禁したが、日本連盟はプロ経験者の試合出場を認めてこなかった。高山は今年8月、日本連盟への競技者登録を求めて、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に仲裁申し立ての手続きを行っていた。

 日本連盟はプロ経験者のアマ登録に強硬に反対していた山根明前会長が助成金流用や、反社会勢力との交際などにより辞任。9月8日に、内田貞信氏を会長とする新体制が発足していた。

 ただ、ボクシングは現在、東京五輪の競技から除外される危機に瀕している。それでも高山は「今できることにベストを尽くしていく。いいふうに転ぶと信じて。ベストの状態でその舞台に立てると信じて過ごしていきたい。あとは願うだけです」と、揺るがぬ決意を語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス