文字サイズ

アジア大会男子バスケ代表4人を認定取り消し 公式ウエアで歓楽街へ 女性と“行為”

ジャカルタ・アジア大会のバスケ男子日本代表選手の問題に関する記者会見で、謝罪する日本選手団の山下泰裕団長(共同)
1枚拡大

 インドネシアのジャカルタで行われているアジア大会で、バスケットボール男子日本代表の4人の選手が「JAPAN」のロゴの入った公式ウエアを着たまま深夜の歓楽街に立ち入っていたことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)は20日、同選手たちの日本選手団認定を取り消したことを発表した。4人は橋本拓哉(23=大阪エヴェッサ=、今村佳太(22)=新潟アルビレックス=、佐藤卓磨(23)=滋賀レイクスターズ=、永吉佑也(27)=京都ハンナリーズ=のBリーガー4人。選手たちはこの日の早朝に帰国させられた。

 関係者によると選手たちはJOCの調査に対し、事実関係を認めたという。16日にあった1次リーグ第2戦のカタール戦終了後、「JAPAN」のロゴが入ったウエアを着たまま、歓楽街へ。飲食後、日系人に声を掛けられ、女性の接客する店に入り、その後、日系人の仲介により、それぞれ女性を伴って、ホテルへ行き、行為に及んだという。その後、未明にタクシーで選手村に戻ったという。日本代表選手団の行動規範にある「アジア競技大会への派遣は国費で賄われる。競技を離れた場でも社会の規範となる行動を心掛ける」に抵触した。

 メンバー12人だったバスケ男子代表は、これで8人となったが、JOCは「チーム全体の連帯責任として出場を差し止めるには合理的根拠が十分でない」と、判断。8人でそのまま大会に参加する。

 4年前の仁川アジア大会では、大会中に競泳代表選手がカメラを窃盗したとされ、大会期間中に選手団から追放されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス