文字サイズ

安倍マリオ以上の演出予告 佐々木宏氏「もっとすごいことをやんなきゃ」

東京2020大会開会式・閉会式に関する記者会見に出席した(左から)山崎貴氏、野村萬斎、佐々木宏氏=虎ノ門ヒルズ(撮影・中田匡峻)
記者の質問に笑顔で答える野村萬斎(右)。左は佐々木宏氏、中央は山崎貴氏=虎ノ門ヒルズ(撮影・中田匡峻)
3枚3枚

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式、合計4つの式典の総合演出を担当する狂言師の野村萬斎、五輪を担当する映画監督の山崎貴氏、パラリンピックを担当するCMディレクターの佐々木宏氏が31日、都内での記者会見に出席した。2016年リオ五輪での引き継ぎ式を企画・統括し、安倍晋三首相にゲームキャラクターのマリオを演じさせる「安倍マリオ」を実現した佐々木氏は“リオ以上”の盛り上がりを用意すると意気込んだ。

 企画の詳細については「絶対言っちゃいけないというオーラがありますので、申し上げられないんですが…」と苦笑いしつつ、リオ五輪の引き継ぎ式を「組織委員会の方から、『東京2020の予告編をつくってほしい』という言い方をされました。そのつもりでやりました」と振り返った。キャプテン翼や、ドラえもんといった日本を代表するキャラクターをふんだんに起用しながら、最後に安倍首相がマリオに変身し、日本から地球の裏側のブラジル・リオデジャネイロへ、ゲームではおなじみの土管を使って瞬間移動する、という演出を実現した。

 佐々木氏は「リオと東京を結ぶ土管の中でマリオがリオの方に行ったわけですけど。今度は帰ってくるとか、それじゃあ皆さんの期待にあわないと思います。もっとすごいことをやんなきゃなという気持ちにはなっております」とリオ五輪以上の驚きや感動を、見る人に伝えることを目標に据えた。

 また、今回は日程的に五輪の後に行われるパラリンピックを担当することも重視している。「オリンピックが終わってしまうと、『終わった』という感じになることを、私は是非避けたい」という思いがあるといい、「東京大会ではもう一つ大きな山があるぞ、ということをぜひ、メディアの皆さんにご協力いただいて。パラの方が面白いとは言いませんけど、パラがなかなかすごいことをやるらしいぞ、という予告だけさせていただいて。まだちゃんと考えていないんですが、そのぐらいのプレッシャーを感じて、リオから引き継いで、そしてオリンピックの盛り上がりの後、祭りの後にならないように、パラで、もうひと盛り上がりということを目指していきたいと思います」と誓った。

 五輪とパラリンピックの開閉会式、合計4つの式典を統括する立場に狂言師の野村萬斎が起用されるなど、五輪とパラリンピックを一体としてとらえる試みに力を入れている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス