文字サイズ

国民栄誉賞の羽生結弦 故郷愛込めた袴姿 人間国宝 甲田綏郎氏の「仙台平」

首相官邸入りし、報道陣に一礼するフィギュアスケート男子の羽生結弦選手=2日午前10時58分
国民栄誉賞授与式を終え、記者の質問に答えるフィギュアスケート男子の羽生結弦選手=2日午後、首相官邸
2枚2枚

 フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が2日、首相官邸で行われた国民栄誉賞授与式に出席した。23歳での受賞は個人としては史上最年少で、スケート界からは初めて。

 凛々しい紋付き袴姿で出席した羽生。これは江戸時代に仙台藩で生まれた最高級絹織物「仙台平」の人間国宝、甲田綏郎氏から贈られた袴で、故郷を愛する羽生らしい姿での晴れ舞台となった。「甲田様が直々に贈ってくださったもので、伊達藩の藩主の方々が使っていたこともあって、非常に素晴らしいものです。自分は袴とかには詳しくないのですが、本当に快適に身に付けさせていただいてます。羽生家の紋をつけさせていただきました」と、笑顔で話した。

 首相から「どんな格好しても似合いますね」と袴姿を絶賛されると、「本当はもっと伝統のある所作をしないといけないと思っていたんですけど、やはり自分はスケーターであるので、またここで表彰されるのもやっぱりスケーターの1人として表彰されるというのもあるので、自分らしさもあってもいいかなと思い、ちょっと立ち姿とかそういうものが伝統的なものではないのかもしれないですけど、スケーターとして羽生結弦としてここにいられたらと思いました」と、思いを語った。

 なお、受賞者に与えられる記念品は、羽生の意向により辞退した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス