文字サイズ

フジテレビ 関西学院大を「かんだい」と伝えておわび…悪質タックル報道で

 椿原慶子アナウンサー
1枚拡大

 フジテレビは23日、報道番組「FNNプライムニュース α」(後11・40)において、同日行われた日大アメフット部の緊急会見について報じたが、悪質タックルを受けた「関学大(かんがくだい)」のことを「関大(かんだい)」と伝えたことをおわびした。

 番組ではトップニュースとして日大の会見を報じた。反則指示を出したとされる内田正人前監督と井上奨コーチが「指示はしておりません」と、22日に会見した当該選手の説明と異なる主張を続けたことについて、椿原慶子アナウンサーが「いったい誰のための会見なのか。何のための会見なのか。正直、分かりませんでした」と振り返った。続いて「この会見、日大の反則選手、関大側は、どう受け止めたのでしょうか」と締めた。

 関西学院大は通称「関学大(かんがくだい)」と呼ばれ、「関大(かんだい)」とは関西大のことを示す。

 番組終盤に椿原アナは「先ほど、日大アメフト部のニュースで、関西学院大を意味する関学大というところを関大とお伝えしてしまいました。大変失礼致しました」とおわびした。

 関西学院大の読み方については、19日に関学大に謝罪に赴いた内田前監督が帰途の大阪空港で取材対応した際に正式な「かんせいがくいん」ではなく、「かんさいがくいん」と繰り返したことでも話題となった。その時は「謝罪相手の校名を間違えるな」などと各方面からの反感を呼んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス