文字サイズ

悪質タックル指示あれば日大に“ガサ入れ”も 小川泰平氏「捜査のポイントは前足と後足」

 アメリカンフットボールの定期戦で、日大選手の悪質な反則で負傷した関学大選手側が大阪府警に被害届を提出してから一夜明けた22日、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏はデイリースポーツの取材に対し、今後の捜査の手順やポイントを指摘。かねて「ラフプレーの次元ではなく、犯罪行為であり刑事事件」という見解を示していた小川氏は、悪質タックルに指示があれば、日大が“ガサ入れ”される可能性を指摘した。

 捜査の手順について、同氏は「事件(試合)は東京都調布市であったので、大阪府警から警視庁に被害届が移され、今後は警視庁が捜査をすることになる。まずは被害者から事情聴取され、タックル後に加害者となった選手の言動、試合映像、診断書の提出も行われる。加害選手からも任意で事情聴取が行われる。どのような経緯で危険なタックルをしたのか、自分の意志なのか、誰かから強いられたのか指示なのかが重要となる」とした。

 さらに「一番のポイントは前足(まえあし)、後足(あとあし)」と警察用語で指摘。「容疑者の犯行前の行動を『前足』といい、犯行後の行動を『後足』といいます。今回の場合、前足は試合前のこと。誰かから指示があったのか?あったのなら、具体的に誰から指示があったのか?また、その指示を知っている者がいるのか?試合前のミーティングでそのような指示があったのであれば、その映像、音声などはないのかも重要」とした。

 「後足」については「危険なタックルの後、何か言われたか、その後に退場になっているが、その際、何かの言動があったのか?例えば、指示をされたのであれば、その者から『ナイスタックル』とか『いいタックルだったぞ!』なとの言動があったのか?試合後に、誰かからこのタックルに関して、口封じか口裏を合わせのようなものがあったのかなどです」と解説した。

 “加害者チーム”となった日大について、同氏は「当該加害者だけではなく、ベンチにいた選手、主将も含め、監督、コーチら全員から事情聴取が行われるでしょう。また、危険なタックルが指示されたとなれば、監督やコーチ、スコアラー等のメモや作戦帳、試合前後のミーティングの映像等を差し押さえるために、ガサ(家宅捜索)が行われる可能性もある」と指摘した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス