文字サイズ

カー娘、もぐもぐタイム再び 日本のイチゴもおいしいよ 全農が9品種を提供

贈呈されたイチゴにかじりつく藤沢五月=青森市・みちぎんドリームスタジアム(撮影・棚橋慶太)
贈呈されたイチゴを食べる藤沢五月=青森市・みちぎんドリームスタジアム(撮影・棚橋慶太)
贈呈されたイチゴを食べる藤沢五月=青森市・みちぎんドリームスタジアム(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「カーリング・日本混合ダブルス選手権」(14日開幕、みちぎんドリームスタジアム)

 平昌五輪で日本カーリング史上初の銅メダルを獲得した女子のLS北見と、男子の同五輪代表のSC軽井沢クのそれぞれのメンバーがタッグを組む「日本混合ダブルス選手権」の強化委員会推薦チームの記者会見が13日、行われた。

 LS北見のスキップ藤沢五月(26)は、SC軽井沢のセカンド山口剛史(33)と、サードの吉田知那美(26)は、サードの清水徹郎(30)と、リードの吉田夕梨花(24)はスキップの両角友佑(33)とチームを組む。

 平昌五輪で一世を風靡した休憩時間の“もぐもぐタイム”には、日本の農家の期待が懸かる。平昌ではカー娘たちが、韓国の大きなイチゴをほおばる姿が大きな印象を残した。今大会ではスポンサーの全農が選手、関係者用にいちご、リンゴ、オレンジなどのフルーツを用意。特にイチゴは栃木、熊本、佐賀など全国9産地の9品種のイチゴを用意。会見で山積みされたイチゴをみた藤沢は「すごーい!」と、目を丸くした。

 もぐもぐタイム中に食べてもらうことも可能で、関係者は「話題になっていた。日本のイチゴもおいしいというところをアピールしたい」と、意気込んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス