文字サイズ

浅田真央が現役引退平昌五輪前に「気力なくなり」

 フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリストで、世界選手権で日本人最多3度の優勝を果たした浅田真央(26)=中京大=が10日、自身のブログで「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と記し、現役引退を表明した。6位だった14年ソチ五輪のシーズン後に心身の疲労を理由に休養。昨季復帰したが、日本女子の出場枠が2に減った平昌五輪まで1年を切った時期に決断した。

 昨年12月の全日本選手権で12位に終わり「自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」などと説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス