文字サイズ

羽生3年ぶり世界選手権V!フリー世界最高得点更新 宇野は2位

男子フリーの演技後に、得点を確認し喜ぶ羽生結弦(共同)
2枚

 「フィギュアスケート・世界選手権」(1日、ヘルシンキ)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位発進の羽生結弦(22)=ANA=がフリーの世界歴代最高得点を更新する223・20点、合計321・59点で優勝した。SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリー初の200点超えとなる214・45点、合計でも初の300点超えで、羽生が持つ記録(330・43点)に次ぐ世界歴代2位の319・31点をマークし、2位となった。

 羽生は「SPは残念だった。もっと練習を重ねないといけない」と5位に終わったSPを悔やんだ。SPフリーともに会心の演技を見せた宇野は「今季1番の演技がこの大きな大会、去年の雪辱だった大会で出せたのがすごくうれしい。2度同じ過ちを繰り返したくない思いで1年間練習してきて、こうやって最高の形で終えることができて本当にうれしかった」と、昨年大会で7位に終わり、涙を流した悔しさを晴らした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス