文字サイズ

羽生結弦「挑戦的にやった」ミス挽回 会見は悔しさで目をギラつかせる

言葉を選びながら会見で思いを語る羽生
1枚拡大

 「フィギュアスケート・四大陸選手権」(19日、江陵)

 男子フリーが行われ、ソチ五輪王者で、SP3位からの巻き返しを狙った羽生結弦(22)=ANA=が圧巻のリカバリーを見せ、フリートップで今季自己ベストで206・67点をマーク、合計も今季ベストの303・71点で2位に入った。優勝はネーサン・チェン(米国)で307・46点。SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=は3位だった。

 冒頭の4回転ループ、続く4回転サルコーに成功し一気に勢いにのったが、後半の4回転サルコーは2回転となった。SPでも失敗したサルコーでのミス。しかし、ここからが“不屈の男”羽生結弦の真骨頂だった。「挑戦的にやった」と、終盤のトリプルアクセルからの連続ジャンプの予定を、4回転トーループからの連続ジャンプに変えて得点を稼ぎ、最後の3回転ルッツをトリプルアクセルに変更し、見事成功。すさまじい巻き返しを見せた。

 会見では「(4回転を)4本飛ぶこと、コンビネーションを後半に飛ぶことを最重要視していた」と話した一方で、不安定だったサルコーに「SPと同じような失敗の仕方。さらに練習を積んでうまくなりたいと思った」と、悔しさで目をギラつかせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス