文字サイズ

平昌五輪聖火トーチは「白」キム・ヨナさんがPR、リレーユニホームも白ベースに

 平昌冬季五輪開幕まで1年のイベントで、聖火リレーのトーチを持つキム・ヨナさん(共同)
1枚拡大

 2018年平昌冬季五輪の大会組織委員会は開幕まで1年となった9日、聖火リレーで使うトーチを発表した。韓国の伝統的な白磁や雪と氷をイメージした白が基調で、平昌の海抜700メートルに合わせて全長は70センチ(700ミリ)とした。また、国際オリンピック委員会(IOC)は日本など世界の国内オリンピック委員会(NOC)を正式に大会に招待した。

 スケートなどの会場となる江陵でのイベントでは、10年バンクーバー五輪フィギュアスケート女王のキム・ヨナさんがトーチを持って登場。この日、始まった韓国国内向けの入場券予約方法をPRし「選手は五輪本番を目指して懸命に練習している。多くの人に応援に訪れてもらいたい」と呼び掛けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス